ヘアケア

髪と頭皮の乾燥を防ぐ、ドライヤーの正しいかけ方

濡れた髪はトラブルの素

髪の傷みが気になり、シャンプーの後は自然乾燥で髪を乾かしているという方は少なくないでしょう。
確かに、ドライヤーを使用しなければ熱によるダメージは減らせそうに思います。
しかし、実はこれは大きな間違いです。
濡れた髪はキューティクルが開いているため、髪同士の軽い摩擦でも剥がれてしまうほど、非常にデリケートな状態となっています。
また、髪が濡れていれば当然頭皮も湿った状態が長く続くことになりますので、蒸れて雑菌が繁殖し、ニオイの元となってしまう可能性があるほか、頭皮が冷えることで血行が悪くなり、髪の成長を妨げてしまいます。
正しいドライヤーのかけ方を学んで、ダメージ知らずの健康な髪を手に入れましょう。

ドライヤーの前に

シャンプー後は、なるべく早くドライヤーをかけることが重要ですが、ドライヤーをかける前にはしっかりとタオルドライをしておくことが、髪のダメージを減らすポイントです。
吸水性の良い柔らかいタオルを2~3枚使用し、髪の水分をタオルに移すようなイメージで、押さえるように優しく吸い取らせます。
ゆめゆめ髪同士を擦り合わせてはいけません。
タオルドライの後は、アフターバストリートメントを髪全体につけましょう。
ドライヤーの熱から髪を守りながら有効成分を髪の内部に浸透させ、髪の乾燥を防ぐことができます。

正しいドライヤーのかけ方

ドライヤーは、髪の内側の根元からかけ始めましょう。
あまり髪に近付けすぎると熱くなりすぎますので、20センチほど離すのがコツです。
片手で髪を持ち上げ、ドライヤーの角度を変えながらムラなく乾かしていきます。
乾燥しやすい毛先や頭皮には、直接ドライヤーの風を当てないようにすることも大切です。
また、髪が湿った状態でのブラッシングはダメージの大きな原因のひとつですので、ブラシで髪を引っ張りながら乾かすことはやめましょう。
手ぐしで髪をほぐしながら、乾き切る一歩手前まで温風で乾かしたら、最後は冷風で締めます。
これは、キューティクルを引き締め、余熱で髪と頭皮が乾燥し過ぎることを防ぐためです。
毎日丁寧に乾かしてあげれば、髪が元気を取り戻していくさまを実感できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP