ヘアケア

髪にやさしい自然派ヘアケアカラー

ヘアケアカラーにはどんな種類があるのか

ヘアケアカラーの用途は大きく分けて2種類あります。
一つは黒い髪を他の明るい色に染めるのを目的としたものであり、もう一つは加齢に伴い白くなった髪を染めるのを目的としたものです。
どちらもブラック、ダークブラウン、ライトブラウンなど好みの色を選ぶことができます。
ヘアケアカラーには一度染めると2ヶ月から3ヶ月色が落ちないものと、シャンプーやヘアトリートメントとして何回か使うことで徐々に染めていくものがあります。
市販のヘアカラーは垂れにくいことから泡状になっているものが多いです。
シャンプーやトリートメントはクリーム状ですが、シャンプーはよく泡立てることで髪を根元から染めていきます。
どちらも髪を染めている間はヘアキャップをかぶって蒸らすのがポイントです。

髪を美しく保つ自然成分は

ヘアカラーの中には、コラーゲンや椿オイルなど髪に潤いを与える成分が含まれているものがあります。
特に人気を集めているのが利尻昆布を使った商品です。
利尻昆布には天然のミネラルが豊富に含まれており、髪に潤いを与えながら保湿する働きがあるからです。
コラーゲンは髪につやを与える成分が含まれ、色のつきを良くする働きがあります。
ただコラーゲンはパウダーを購入し、ヘアカラーに混ぜて使います。
17種類のアミノ酸成分を含んでいるパールエキスは高い保湿力があり、髪に潤いをもたらし、パサつきや静電気を防ぐ働きがあります。
頭皮環境を整えるといわれているシルクエッセンスもアミノ成分が多く含まれており、傷んだ地肌と髪に潤いを与えます。

髪を染める自然成分は

最近は自然のものを使用した商品が脚光を浴びるようになりました。
一番知られている染料はヘナで、ヘナを使用したカラーリング商品は多数売られています。
オレンジ色の色素を含み、タンパク質と結合することで髪を染める性質があります。
またキューティクルの内側のタンパク質と結合することでトリートメント効果が得られ、色が長持ちする特徴があります。
他にもクチナシ、アナト、シコン、ウコン、ベニバナ、藍、クチナシなどが天然染料として知られています。

オーストラリア発祥のオーガニックコスメ【VANESSA MEGAN】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP