ヘアケア

髪の毛には優しさを与えましょう

まず大事なことは痛んだ髪の毛を作らない

ヘアケアにおいて重要なのは、なるべく痛んだ髪の毛を作らない問いことです。
健康な髪の毛を維持することは、痛んでしまった髪の毛を元の状態に戻すよりもはるかに簡単です。
痛んでしまってから対策を練るよりもまずは髪の毛を丁寧に扱い、余計なダメージを与えないように気をつけることから始めましょう。
まずシャンプーによってダメージを受けるケースが多いので、なるべく髪の毛に優しいシャンプーを使うようにしましょう。
今使っているシャンプーが髪の毛に優しいという観点から選んでいない場合には、美容師さんや薬局などで相談してみてもいいですし、それはちょっと面倒くさいという方は、インターネットの口コミでいいシャンプーを探してみるのもひとつの方法でしょう。
どちらにしろ髪の毛を痛まないようなシャンプーを選ぶことは大事です。

しかしすべてのダメージから守るのは難しい

シャンプーを気を使って選んでも、屋外に行けば紫外線の影響や排気ガスの影響などさまざまな髪の毛にとってマイナスの要素があります。
これらが少しずつ髪の毛にダメージを与えていくのは避けられません。
残念なことに髪の毛にダメージが蓄積してしまった場合には、カットしてしまうのもよい方法です。
ヘアケアという観点から考えても痛んだものをいつまでも大事にするよりも、次に生えてくる毛を大事にすることも重要です。

ドライヤーやブラッシングも気をつけましょう

新しく生えてくる毛を健康的なものにするためにも、ドライヤーには気を使いすぎるくらいでちょうどよいです。
根元から乾かすことを意識しながら風を当てていきますが、そのときにあまりにも高温になり過ぎないように気をつけましょう。
美容室で使ってくれるドライヤーが熱すぎたという経験はないと思います。
それは美容室ではそのような点にも気を配っているからです。
自分で乾かすときにも温度に気を配れば傷んだ髪は生まれにくいです。
それに加えてブラッシングで頭皮の血行をよくしつつ、髪の毛に栄養をいきわたらせましょう。
このような点に気を配ればヘアケアの観点からもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP