ヘアケア

カラーをしたあとはしっかりヘアケア

髪色を変えてみよう

髪は外見の印象を大きく変えることとなりますので、ヘアスタイルはそれぞれに似合うものを選びたいですが、髪色もとても重要です。
日本人はもともと黒髪でそれも美しく魅力的ですが、やや重く見えたり、暗い印象になってしまうこともあります。
気分を変えたい、より軽やかな印象にしたいという場合はヘアカラーの利用も考えてみましょう。
ヘアカラーは美容室で行ってもらう方法もありますし、自宅で気軽に染められる染料もドラッグストアなどで気軽に購入することができます。
髪色をチェンジするとイメージも大きく変わることとなりますので、それぞれに似合うカラーを選ぶこと、そして普段のファッションに合うカラーを選ぶことも大切です。

髪に優しい染料を選ぼう

髪色を変えるとおしゃれの幅もより広げることができますが、やはり髪や地肌にはダメージもありますので、できるだけ質の良い染料を選ぶことも大事です。
金髪などかなり明るい色にしたい場合は脱色も必要で、より髪への負担も大きくなりますので、注意したいところです。
質のあまり良くない染料を選んでしまうと、髪がパサパサで艶がなくなってしまう、枝毛、切れ毛が増える、理想の髪色に仕上がらないなどのトラブルが起きてしまうこともありますので、美容室で利用する場合もお店のスタッフと相談しながら良いカラーを選んでいきましょう。
そしてトリートメントの施術もあわせて行っておくと髪のダメージをより抑えることができます。

お手入れは丁寧に行おう

ヘアカラーで理想の髪色を手に入れることができたら、美しさをキープするためにも自宅でのお手入れは丁寧に行っておきましょう。
良い状態を保つためにはヘアカラー専用のシャンプーやトリートメントを選んでおくこともおすすめです。
洗い流さないタイプのトリートメントも手間なくお手入れができますので活用してみてはいかがでしょうか。
カラーをキープするには施術を繰り返していくこととなりますが、あまりに頻繁に行うことは髪のダメージを促進させますので、色が落ちた部分だけ染め直すなど負担の少ない施術を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP