ヘアケア

正しいヘアケアを行うことで、髪の毛の状態が良くなります

頭皮に刺激の少ないシャンプー剤や天然のオイルを使いましょう。

ヘアスタイルのお洒落をするために、パーマやカラーリング、縮毛矯正などの施術を受けている人が増えています。
髪の毛に多少のダメージを与えてしまうため、髪の毛がぱさついたり、艶がなくなってしまうので悩んでいる人が多いのではないでしょうか。
気温が下がってくると、湿度が下がってくるため、気候の良い時期と同じヘアケアをしていると、髪の毛がぱさついてしまいます。
髪の毛が傷んでいる時は、頭皮や髪の毛に刺激の少ないシャンプー剤を使用するようにしたり、ブローをする前に洗い流さないトリートメントを付けたり、椿オイルなどの天然のオイルで、ドライヤーの熱から守る必要があります。

シャンプー後はドライヤーで乾かすようにして下さい。

洗いすぎるとぱさつきの原因になってしまうため、朝にシャンプーをするのは避けて、一日に一回にしましょう。
シャンプー後は、トリートメントを使ってお手入れをしたり、ドライヤーできちんと乾かすようにして下さい。
シャンプー後は、ドライヤーを使用しないと摩擦の原因になったり、髪の毛が傷む原因になってしまいます。
冷風や温風を使って、乾かすようにすると髪の毛にダメージが少なくなります。
くせ毛の人は、ヘアアイロンを使用している人が多いですが、使う頻度が多いとダメージの原因になってしまうので、注意して下さい。
紫外線の影響で日焼けをしてしまうと、ぱさつきの原因になるので、外出をする時は必ず日焼け止めを付けるようにしましょう。

髪の毛のダメージが強い時は、美容院で施術を受けて下さい。

健やか髪の毛を育毛するためには、頭皮の環境を整える必要があります。
皮脂分泌が過剰になると、臭いの原因になったり、湿疹ができやすくなって抜け毛の原因になってしまいます。
頭皮環境を整えるシャンプー剤を適量手に取って、優しく爪を立てないように、丁寧に洗うようにしましょう。
髪の毛のダメージが強い時は、パーマやカラーリングを控えるようにして、美容院でヘッドスパの施術を受けたり、トリートメントをしてもらうと、少しずつ髪の毛の状態が良くなってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP